スパイラル(SPIRAL)はネットビジネスの中でも稼げる?稼げない?正しい運用方法とは

SPIRALが稼げないというネット上の声!本当のところはどうなの!?

2020年、新しく「SPIRAL」というネットビジネスが誕生しました。

2020年は生活スタイルが一変した年となってしまいました。そんなタイミングでこのSPIRALが生まれたのは偶然か必然か、この新しい生活様式にとてもマッチしたビジネスとなっています。

ただネットは情報が広がるのが早く、既にSPIRALに関する評判もいくつかあるようで、いいもの、悪いものそれぞれ存在しているようです。

やはり悪い意見は目につきやすいものですが、その内容として「SPIRALは投資をメインとしたビジネスだから、絶対に稼げない」というのがその根拠のようです。

「投資ビジネスだから稼げない」というのは、根拠としてどうなのでしょうか。

実際にSPIRALのウェブページを見ると、「負けることもある」と正直に書いています。100%勝てる投資はない、それをちゃんと認めています。

それでありながら、「負け越さない投資で利益を出す」とも書いています。つまり勝率を100%に近づけることで、利益をしっかり出す、というのがSPIRALの特徴のようです。

「投資は稼げない」というのは、おそらく先入観が強く出たものだと思います。過去に類似ビジネスで損をした人の意見かもしれません。

ではSPIRALが勝率を上げるために取り入れている手法とはどういったものか、その中身を見比べてみたいと思います。

SPIRALは投資であるにもかかわらず副業に最適と考える理由

SPIRALは副業向きなビジネスだと考えていますが、投資を副業とするのは時間的な制約から避けられる傾向にあります。

SPIRALが一般的な投資の商材と比べて最大の強みとしているのは、そのノウハウとそれに関連した時間の部分です。

金融機関などの株式を運用する、いわゆる「機関投資家」と呼ばれる方々の手法を取り入れ、それを再現したアプリが提供されます。

金融機関の資金は預金者のお金ですから、失敗が許されない投資を常に行っているのが機関投資家です。いわば「投資のプロフェッショナル」です。

投資は真似をしようとしてもなかなかできないものです。であれば、そのノウハウが詰まったアプリがあるならそれを利用しない手はありません。

しかもこのアプリは1日3分程度の稼働で済みます。これまでの投資みたいに何時間も張り付く、といった必要がありません。

このように時間的な制約が最大限排除されており、さらにその効果も十分に期待できることから、SPIRALは仕事の合間にできる副業として相応しいと考えているのです。